Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【MH4G】 通常、貫通、散弾どれでいく??

少し間があいてしまいました。が、ちゃくちゃくとクエストは進行している感じです。

状況としては、村はエンディング後にティガ希少種と連戦して衝重砲を作り、その衝重砲で闘技場でブラキと連戦し、特に何も作らず(スコープ撃ちの練習だったりもする)、さらに集会場上位に足をのばして、一気に上級をかけあがり、今ダラアマデュラと対峙してます、という感じです。

ダラアマデュラは本当に糞モンスで、いや、ラゼンのためにこれと連戦するのかと思うとものすごく気が重いですが、とりあえず今回はその話ではなく。

大体上級もほぼかけぬけて、G級手前まで来た関係上、ちょっとここらで自分が新モンスに対してどういう立ち回りをしているのか、まとめてみようかな、と思います。G級で新しいモーションが追加されたらまた色々かわるかもしれませんが、ひとまずは、ということで。

では、どぞー。

アルセスタス


通常ぶちこめばおしまいです。

ケチャワチャ


意外と頭が動くし動きも早いので、結構苦手です。体は小さいので、通常頭狙いのオーソドックスな立ち回りをしていますが、そこそこ離れることも多いので、貫通1を頭から通す、というのも悪くないかも。

テツカブラ


攻略のお供として大活躍の蛙砲のために何度も連戦する彼。頭と尻尾(白く膨らんでいるとき)が弱点で、きれいに貫通を通してあげたいところですが、そもそも行動パターンとして正面に強く、結構ずかずかとこちらに近寄ってくることも多いので、個人的には通常銃で頭を狙い、突進等で後ろにまわったら、白く膨らんだ尻尾をスナイプして、という感じで対応してます。

ネルスキュラ


最初の難関?なんでしょうか。意外と苦労されている方がおおい印象のネルスキュラですが、多少サイドステップ等が特徴とはいえ、こいつはヘビィとの相性がかなりいいですよね。

ハサミバッチーーーンや、クモの糸を使った飛び掛り等でそこそこ距離があくことが多い上、多少距離が近くても頭から通せば尻が、尻から通せば頭がクリ距離に納まる感じになるので、貫通銃との相性がよいです。通常でも立ち回れると思いますが、個人的には貫通のが好み。

ザボアザギル


こいつは貫通一択でしょう。氷をまとったときも腹は柔らかいままですし、肥満体になったときも、外からの貫通ズビズバは相当に気持ち良いです。距離と貫通があれば、無双できる相手。

ガララアジャラ


蛇ですね、蛇。ガタイからして、頭から貫通とおしてあげたい感じですが、普段は頭は高い位置にあるので、長細いからだに相反して、貫通で体をとおす機会はあまりない印象。普通に頭を狙って、うしろに回り込んだら後ろ足狙って、でいいと思う。後ろ足での転倒はかなり狙えるイメージです。

ゲネルセルタス


ヘビィとの相性は相当にいいです。というか、アルセスタスを処理してしまえば、こいつはただの鈍重な亀で、で、空をふよふよういてるアルセスタスを叩き落すのは、まさにヘビィの得意とするところなので、全武器の中で、ヘビィが一番相性がいいような気がします。

グラビとこいつはヘビィを持ってくことによってサンドバックと化します。あと、ジョーも。

通常、貫通はどちらでもいけますが、アルセスタスをぼっこぼこにする関係上、個人的には通常主体銃がうれしい感じです。

手順的には、

とりあえず回りを飛んでるアルセスタスに思いっきり通常を叩き込む。アルセスタスは死ぬ。

鈍重なゲネルセルタスの顔面に通常2をひたすらに叩き込む。

だけでいいです。
体力が高めに設定されている点がうざいというだけのサンドバックです。

ひるみ値等のめぼしがつけば、ある程度無理して突進をひるみでとめたりとかもできると思います。

ゴアマガラ


まあ、通常ですかね。弱点は頭と後ろ足で、ということですが、後ろ足は羽にカバーされて狙撃チャンスがあまりない印象。
まだ立ち回りが安定していないせいか、頭を安定して狙える感じでもなく、頭、首をとおしたり、後ろから羽、後ろ足と貫通を通したい気分がなくはないですが、おそらくいろんなヘビィ動画みてると、うまい人はみな通常なので、これでいいんだと思います。

シャガルマガラ


ゴア覚醒版みたいな感じですが、今度は後ろ足も狙いやすいので、通常でしょうね。色々と暴れまわるこいつを通常でうまく処理するのは、PSの向上という意味でもいいと思います。

セルレギオス


正確な肉質は不明で、もれ伝わってくる情報を取捨選択すると、首、腹が弱点ぽく、そこを貫通で通したい感じですが、

・距離を離しても飛び上がりを誘発しがち、
・結果、空中への射撃を要求されたり、また、クリ距離をつめられることも多い
・サイドステップが多く、射線軸がよくずれる

ことから、こいつは通常足狙いでのインファイトが正解だと思います。
翼がよく邪魔になるので、前方斜めはあまりよくなく、とにかく後ろ足に粘着するように立ち回るイメージです。いざとなれば、懐に飛び込む感じでもいいのかな。
今度試してみよう。

こんな感じでしょうか?
おそらくもっと立ち回りには幅があるとは思うのですが、私はこんな感じでやっているということで、何かの参考になれば幸いです。
それでは、また。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。