Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【MH4G】 ゴグマジオスとの邂逅(ゴグマジオス戦マニュアル)

少し間が空いてしまった前回の記事の冒頭で少し触れましたが、無事、ゴグマジオスも倒してまいりました。舞台は古文書の解読へとうつるわけですが、やはり一度、このモンスターの狩猟の様子は記しておいたほうがいいかな、と思い、今回は対ゴグマジオス戦の立ち回りをまとめてみようと思います。

そもそもこういった超大型モンスターとヘビィの相性はかなり良好で、ヘビィ対ゴグマジオスの立ち回りや動画は検索すればすぐに見つかるところではありますが、私の立ち回りは、ということでお読みいただければ幸いです。

装備


まずは装備ですが、対ゴグマジオス戦の最大のダメージソースは、胸から背中に通す貫通弾になります。
しかし、数多語られているとおり、胸、背中を通すためには、胸、背中の部位破壊をまずやらないといけません。そのためには火炎弾を撃つことができる銃をチョイスする必要があります。

初対戦時の主な候補はおそらく、

グラビドギガカノン、アグナコルピオ、テオ=フランロンガ

の三丁になるでしょう。

これらを比較すると、しゃがみ運用前提のグラビドギガカノンと他2丁で明確に線引きがされており、反動がほしいテオ銃か、装填速度がほしいアグナコルピオか、というところになると思います。

そんな中で、私が組んだ装備はこんな感じ。

B3ridlgCcAAzF6w (1)

アグナコルピオを作った後になぜあえてテオ=フランロンガを作成したか。これは単純に装備の流用がしやすかったから、というのが第一ですが(将来的なディスティアーレへの移行も含めて)、やがてディスティが出た段階でお払い箱となるこの子に一世一代の勝負の舞台を用意してあげたいという気持ちも多少はありました笑 

カイザーXを作る過程でテオとは連戦しないといけないですしね。素材は結構簡単に集まります(一番苦労したのが上位テオの翼膜だったり・・・)

防御力についでは、この防御力で、怒り時の重油飛ばしはまで耐えられます。
ただ、怒り時のビームは即死です。

あと、装備を考えるに際して、一つ大きな悩みどころとなるのが、

距離をつけるかつけないか。

後ほど、また書こうと思いますが、一番の乙の原因になる、ゴグマジオスのビーム+周辺爆破です。

これはかなり広範囲で、距離なしコロリンだと、爆発の中止なら範囲外に出るのに最低でも4コロリン必要になります。そして、時間的には結構ぎりぎり。

その意味で、生存率をあげたい方は、距離はつけた方がいいのかなー、と思っています。

ポーチの中身


ポーチの中身は、初対戦時ということを想定すると、

・調合書
・調合素材(火炎、貫通Lv3,2)
・秘薬、いにしえの秘薬等回復アイテム(+調合素材)
・戻り玉

は必須で、あとはご自身の好みに応じてカスタマイズ、といったところでしょうか。

なお、初クリア時は一切、貫通Lv1と通常を撃たなかったので、火力的にはそこらへんの調合素材は外せると思います。

立ち回り


立ち位置ですが、ガンナーは基本的には高台に位置することになると思います。

高台は合計三箇所ありますが、私がチョイスしたのは、この部分、

photo 3 (2)

で、大体このあたり

photo 2 (2)

が基本的なポジションになります。

ここであれば、ビームが来た場合でも、左に4-5コロリンすることで範囲外に逃れることができ、かつ重油ばらまき(土下座して背中からばんばんばらまくやつ)の場合には、右のほうに2-3コロリンすることで、比較的安全なポジションを確保することができます。

反対側の高台も悪くなく、いざというときにすぐにエリチェンできるのは大きなメリットなのですが、撃龍槍へのアクセスが不便なことと、横に狭いのが不安だったので、私はこちらをチョイスしています(撃龍槍がある高台は胸の狙撃がしづらく、大ダウン時の距離も遠いのでNG)。

立ち回り自体ですが、まずは開幕テンプレがあって、その後は、上記の基本立ち位置のもと、ひたすら胸→背中に貫通弾を通す、というものです。使用施設は撃龍槍のみ。

私の開幕テンプレですが、

1.開幕と同時に火炎弾装填

2.オトモ(イモート)に突撃隊のサインだし

3.ダウン後、胸か背中(出来れば背中)に火炎弾

4.ダウン回復後、高台に登って撃龍槍

5.ダウン時に、下に下りて再び火炎弾を胸か背中(出来れば背中)に

6.怒りに移行するので、戻り玉で戻って、必要な物資を調達

7.上記基本ポジションに移動

という感じです。

上記基本ポジションに移動後は、

1.胸に火炎弾をあてて胸の部位破壊を完了

2.貫通を胸に通す

3.貫通を胸に通して大ダウンが取れたら、背中に火炎弾
(以後、背中が壊れるまで2.3繰り返し)

4.背中破壊後、ひたすら胸に貫通を通す(大ダウン時もなるべく胸を通すようにする)


これだけです。もちろんこの間に、オトモ突撃隊や撃龍槍は使用可能になるたびに使っていく感じですが。

攻撃面でやることは単純な一方で、回避面では細心の注意を払う必要があります。特に怒り時はビームで一撃死で、ビーム後の爆発の範囲は相当に広いので、あまり欲張らずに、いけそうかな?と思うところの一歩手前で射撃をやめ、ビームモーションに入るか(マジオスの胸あたりが赤くなる)を確認し、入りそうなら即回避開始or納刀して、左ダッシュという安全な立ち回りを心がけましょう。

幸い、ちゃんと装備が整っていれば、時間切れということはまずないと思います。クリアするだけならば、かなり保守的な立ち回りをしても間に合うと思いますので、ここは安全第一でいきましょう。

結果


私はこれくらいの時間で討伐しました。

photo 1 (2)

二乙してますし、普通に戦えば時間は十二分に余裕があることがお分かりいただけるかと思います。

単純にクリアするのであれば、もう少し施設を使ったほうが立ち回りに余裕ができるのかもしれませんが、色々と動き回るよりは単純化して一つに集中するほうが再現可能性はあると思いますので、私はこの立ち回りを継続していきたいと思います。

火事場6分とかの動画もあがってますし、非火事場でも将来的には10針くらいはいけそうですよね。弾導強化のためにいつか連戦しないといけないはずなので、そのときにはまたタイムとかを詰めていきたいと思います。

それでは、また。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。