Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【MH4G】 ギルクエ連戦と発掘装備

さて、ゴグマジオスも倒してG級特別許可証も手に入れたことにより、古文書の解読とは別に、ギルクエも最高難度のものへと参加することができるようになりました。
さすがに自分のギルクエを育てるだけの余裕はまだないのですが、最近は、いわゆる中剛カノンをこしらえて、ハメ部屋でさまざまなギルクエを高速周回している毎日です。

見た目重視の発掘防具やヘビィのゴール(ディスティを超える貫通ヘビィ)発掘等、まだまだやることはたくさんあるのですが、今日はそんな中で思いもかけずに出土した新たな愛銃と、そのためにこしらえた発掘装備を記しておきたいと思います。

それがこちら。

B4IhDuTCcAAqm9N.jpg
B4IhDt6CEAA_cyS.jpg
B4IhDxzCUAAYYVB.jpg

これはこれで一つのゴールだと思うんですよね。
発掘通常銃としてのスペックとしては、これ以上のものはほとんどありません。ってか、やややや555に潔癖5が埋まってる場合(通常2が14装填)しかないと思います。

あいにく通常銃には生産のキティ砲という大きな壁があり、キティの攻撃期待値を上回る銃は、発掘銃には存在しません。

ただ、この銃は、散弾Lv2運用や、サブとなる貫通Lv3の5発装填といった、サブ弾の運用でキティにはないフレキシビリティがありますし、状態異常といったからめ手も得意です(睡眠Lv2がうてるのは大きい)。

さらにいうと、キティが普通、

通常、無慈悲、挑戦者2

とスキルを組んでいくのに対して、これは、

舞踏家(要するにフルチャ)

をベースに組んでいくことになります。フルチャと挑戦者は同時には発動しないので、必然とこの銃では挑戦者を避けることとなり、キティ砲で挑戦者を発動させるために使うスロットを他のスキルにあてることになるでしょう。

要するに、どういった方向にスキルを伸ばすか(伸ばしやすいか)、というのは全く違うものになりそうで、その点での差別化は十分出来ているような気がします。

というわけで、すっかりこの銃を気に入ってしまった私は、この装備のための一張羅を作るべきでしょう、と思い立ち、早速ギルクエを連戦してきて、装備をこしらえてまいりました。

それがこちら。

B4N0RNCCMAAkasI.jpg
B4N0RL9CcAAYWWL.jpg
B4N0RMzCMAMqRDA.jpg

ちょっと、見た目とスキルが、高い次元で両立しまくってるんですけど。
これ、見た目装備というくくりでは、今までモンハンやってきた中で一番かもしれません。

とにかく装填UPをいれることにより通常、貫通、散弾がすべて不自由ない範囲で運用できるようになってるのがすばらしいですね。もちろん、榴弾と状態異常も。要するにほぼ何でもできます。

そして、せっかくなので、早速この銃で試し撃ちにいってきました。
お相手は怒り時間が短くて、挑戦者が役にたたなそうなジンオウガさん。

んで、結果がこちら。

B4OnW-GCUAAY-Z0.jpg

一催眠、二爆破です。3Gのときにジンオウガ亜種をやった際、オトモいらねーな、と思いましたが、おそらく今回もオトモはいらない気がします笑

参考:【MH3G】 JUMP・獄界の門番 + ヘビィ動画 vs ジンオウガ亜種

タゲが散るし、そもそも見せ場の突撃隊にしても、ジンオウガめっちゃいろんな方向向くので、オトモで縛っても、頭うてません。仕方ないので爆破弾ばらまいてました。

ただ、今回は通常で縛ってたがゆえにこうなりましたが、普通に散弾をサブ弾で持ってって、暴れてる間は散弾ばらまき、でよかったような気もします。そういうことが出来るのが、この銃のメリットでもあるわけですし。

というわけで、今回はちょっと思いもかけず手にしてしまった良銃の記事を書かせていただきました。
今後、モンスター単体5針、みたいな記事をどんどんアップしていくことになると思いますが、こうして通常銃に新たな候補が加わったのは本当にうれしく、モチベががちあがりな状況でございます。
次回は、また装備紹介かな?
それでは、また。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。