Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【ドラポ】 箱の中の道化師 竜王級攻略

久しぶりにドラポ記事書きます。昨日から始まった第21弾スペダン「箱の中の道化師」ですが、報酬のがっかりっぷりはともかく、内容面ではなかなか面白いダンジョンに仕上がっています。

もうご存知かとは思いますが、何はなくともターンごとに特定の攻撃を吸収してくる盾を貼ってきて、これをどうするのか、というのがまず一つ目のポイント。

次に、状態異常をかけないと箱に入ってアストロン的な態勢をとってくる(ダメはほぼ1のみ。同時にデバフもリセット)のが、二つ目のポイント。

この二つを乗り越えて、どうやってサプライズを処理していくのがいいでしょうか。今回はそこらへんに関する考えをざっくりまとめてみたいと思います。

再び輝く盾貫通と盾破壊


さて、まず一番最初に触れなければいけないのは、一つ目の吸収盾も、二つ目の超防御も、見た目は新しいですが、結局のところ普通の盾と同じ、という点です。

したがって、盾貫通や盾破壊のスキルがあれば、普段はその避けるべき吸収盾や、全くダメージが通らないアストロンも、全く無視することができます。

他方で今回の状態異常である混乱ですが、これはこの盾を解除する効果はありません。アストロンを強制解除する効果はありますが、それも次のターンからで、混乱をいれるターンにダメージが通らないのは同じ(なお、部長は動画で混乱した後は盾無効になるといっていましたが、動画後半でジャンヌ→メイリンと入ったときに、メイリンが盾破壊していることからも、盾は残っているように思います。)。

とすると、結局、この吸収盾やアストロンは、貼られてしまったら、

・迂回するか
・防御破壊スキルで破壊するか

の2パターンしかこちらとしては対処のしようがなくなってしまうわけです。竜王級でやってくる吸収盾の種類は以下のとおりで、

・合体スキル吸収
・火属性吸収
・水属性吸収
・森属性吸収

火、森は正直たいしたことはなく、あってなきがごとしなのですが、合体スキル吸収と水属性吸収は相当厄介ですよね。

もちろんこのタイミングで森フラとかに切り替えて態勢立て直す、とかしてもいいのですが、やはりデッキの組み方の段階からなるべく防御破壊スキルを組み込んでいってあげて、水、合体スキル吸収のときでも安定してダメージを与えてあげられるようにしておくべきでしょう。

ひいてはそれがアストロン状態に対する対応策(アストロン中にも安定してダメージを与える)にもなるので。

いちお、輝きそうなカードをあげておきますね。正直、水打の優先順位で行ったら、ネコダラボッチは風神の次に来るレベルで使えると思います。


・スサノオ
・メイリン
・(アマテラス)



・ネコダラボッチ!!!
・クトゥルフ!!!

・ツクヨミ



・アメノウズメ!!!
・ゴールドライタン


混乱をかけていくかはパーティのカード次第


正直なところ、上でかいたように盾破壊スキルが充実し、後は回復をちゃんと切らさなければ、特に苦労する相手ではないのですが、そうはいっても状態異常である混乱はどうなのよ、という話はあるので、これについても書いておきます。

今回、実をいうと混乱はそこまで有効な状態異常ではありません。

混乱によるメリットは、今回はアストロン防止とそれに伴うデバフ維持、ということですが、それとトレードオフにある関係として、サプライズによるこちら側のデバフ、状態異常、という点があげられます。

どういうことかというと、サプライズは箱に入る際、かならず単発全体攻撃の箱から攻撃的な攻撃(名前忘れた)をしてくるのですが、これは文字通り単発全体で、軽減鉄壁は有効ですし、デバフも状態異常も付加されません。ものすんごーーーーーく、対処しやすいんですよね。むしろ癒し。

ところが混乱をかけた場合は、そのターン、普通に攻撃してくるんですよね。
俺の目を見ろ!!(単発全体+状態異常)や、右手でどーん!左でびたーん!(これも名前忘れたけど、二連全体防早デバフ-3)、咬むやつ→まずいね君たち(単発全体+攻デバフ-3)とか、まあ色々やってきます。

んで、こういったリスク(特に状態異常リスク)をとってまで混乱かけにいって箱に入るのを防ぐよりかは、デバフリセットされてもいいから、普通に引きこもってもらって、箱アタックやってもらった方が楽なんですよね、正直。

特に防御破壊をちゃんともっていて、アストロン中も攻撃できる態勢が整っているなら、デバフリセットはともかく、箱に入ってもらおうがどうされようがあまり関係はありません。デバフだって、別にウズメ貼りなおせばいいだけの話だし。

ってなわけで、個人的には、今回は混乱は無視して防御破壊と回復だけに特化した方が、意外と安定するんじゃないかな、と思っていたりするわけです。

ただ、これも結局は他のグルチャメンバーとの兼ね合いでしょう。

部長の動画は、全メンバーとも防御破壊スキルよりかは状態異常に軸足が置かれている感じで、おそらく一番オーソドックスな攻め方だとは思います。サプライズ戦も状態異常と回復がものすごく綺麗にまわっていたのでノーコンでいきましたが、途中で麻痺とかもまかれていたので、ここらへんはリスクといっていいでしょう。

他方、自分みたいに防御破壊スキル中心でデッキを組んで混乱は無視すると、一ターン一ターンのダメージ量は、デバフを維持できていた部長の動画よりはさすがに大きくなるので、うまく回復スキルが手札にこないと、ちょっと危険です(ムンムンとか色々対処のしようはありますが)。これはこれでリスク。

お手持ちのカードと、グルチャメンバーのカードと、どっちのリスクをとるか、というところを見て、きめていただく問題なのかな、と思います。

自分のデッキ


最後に自分のデッキさらしておきます。

FullSizeRender.jpg

戦闘力は12万8000ちょいで、HPは61000くらい。
アタッカーはすべて35×3で、合体も最低50%積みにしてますが、その他のあまり影響のないところになるべく軽減を詰めるようにしているので、デッキ自体は相当固く、仕上がり自体には満足しています(週末にひいた吉祥もテントもヴァルトもいませんが)
ツクヨミかアスモは出来たらネコダラボッチにかえたいですが、あいにく

FullSizeRender (1)

この有様なので、今回は(そして今後ずっと)出番ないまま終わりそうです。
じゃー今回はこんなところで。
それでは、また。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。