Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【シャドバ】 Playlog コンボエルフでランクマA0 Part1 動画付

インサガも相変わらずやってますが、最近始めたシャドウバースが非常に面白くて久しぶりに動画投稿をしてみました。
まだ始めて2週間程度、知識もプレイングの幅も足りてないところだらけで、動画投稿なんて正直恥ずかしいのですが、まぁ反面教師的な動画があってもいいんじゃないかという謎理論と、あとは自分の勉強のためにも動画投稿してこうやってプレイログを残すことはかなり有用だと思うので、ちょっくら書かせてもらいます。

いろいろとご指摘いただけると非常にありがたいです。
それでは早速。



第一戦 vs ビショップ(先攻)


初手


特に問題なくサークル。
終盤のプレイ回数稼ぎにサークル非常に優秀ですが、初手であればとりあえず展開してます。

ちなみにサークルなかった場合メイちゃん出すかどうかですが、基本的には先攻でビショップ相手に出す選択肢は持ってないです。

出したら顔に1点いけますが、次のターンスネークプリースト出されたらまずこの子役割は終わります。
他方でビショップは細かくフォロワー並べていくよりは大型守護持ちを一体ずつ展開するプレイングが多いと認識しており(そうしないとテミス打てない)メイちゃんをねらって当てやすく、かつこの1点が守護をどれくらいのコストで突破できるか左右する場面は今後いくらでも想定できるのかな、と。

今回だって最後まで抱えてたらいたずら引かなくてもジャンヌ突破できたわけですからね。

序盤の1点が後半の数点に変わる場面はいくらでも想定できる、というのが自分の考えです(といいつつ今回のプレイではTurn4で展開しており、プレイングぶれぶれですが・・・)。
ただし、こちら先攻でエンシェントエルフで3ターン目に回収できそうなら出していくのかな、って感じ。

Turn 4


かなり悩んだところです。結論としてはプレミかなぁという感じも。

問題の所在としては一気に相手のハンドが増えて、相手に色んな選択しが生じた点。

展開しないでエンドも考えましたが、その場合手堅く低コスト守護持ち、というか教会の護り手とか出されたら最悪なので、横展開して鉄槌の僧侶誘った意識です。

とにかく守護持ちで手間取ると完全にこのデッキはビショップ相手に止まるので、少しでも間隙をぬって顔殴りに行きたい。ただでさえ終盤大修道女ルシフェルあたり出されたら即詰みなので。

ただ、それでもメイちゃんは残しとくべきでしたね。メイなしでも鉄槌誘えた気がしますし。

Turn 5


とりあえず鉄槌処理したあと、フェアリー手元に残すのか、展開しておくのか悩ましいゾーンに突入。
リノとバウンスが手元にあれば間違いなく残していたと思いますが、それ以外の場合に次のターンの1点を取りに行くか、コンボに使うかは自分の中で確たる基準を定立できていない雰囲気です。

今回は相手クレリックランサー→次ターン自分フェアリーブリンガー引いたことから、残しが正解だったと思いますが、それがなくても、やっぱり残しが正解だったかもしれないですね。特にエルダートレントとの関係で。

Enemy Turn 7


陽光出てきて二対の炎で正直終わったと思いました。
この段階で出てきてカウント早める手段がないとは思わなかったので。

ただ、結果的にはこれは相手のプレミになったかな?といったところでしょうか。

Turn 8


エンシェントエルフで処理になると思ったクレリックランサー2体目がいたずらで処理できるようになったので、迷わずご退場→エルダートレントの本領発揮場面。
リノセウス以外にここまで瞬時に火力出せるのはホントに頼もしいです。

Turn 9


やはりこういった場面でメイが欲しくなる、といった典型的な場面ですね。
メイがいれば、普通に横展開してリノ出して進化でおしまいですからね。
序盤のプレミがこんなところで響いてくるから、やっぱり怖いです。

総評


序盤のプレミ(特にTurn4及びTurn5)を終盤のエンシェントエルフ、いたずら2枚連続引きでカバーしたという何とも運頼みの勝利だったと認識しています。
ビショップ相手の終盤は正直な話何を出されてもキツイという感じなので、今回みたいにうまくいたずらが絡んでくれないと、勝てる道筋は全くたってません。
冥府使えば話は別なんでしょうが、ひとまずは封印してるので、匍匐前進とはいえ、とりあえず淡々と上目指していきます。

第二戦 vs ネクロマンサー(後攻)


マリガン


リノと導き残すかというのは一つの論点だと思いますが、自分は積極的に残すようにしてます。
正直これがあると守護いない隙をついて一気に顔殴れるチャンスが増えるのと、 デッキのコスト構成見ても、2コスが最も数が多いので、序盤の手札事故の可能性がそもそもも少ないってところが理由です。

これがエルフガードではなくて、ギルガメとかエルダートレントとかだったらたぶんそれと導き交換してると思います。その場合でもリノは残す。
正直こいつを手元に呼べるかどうかで勝率全然違うので。

Turn 3


エンシェントエルフ出して、まぁ次のターン確実に突破されてしまうので何とももったいない感じがしますが、基本的にネクロ相手の序盤はアグロ想定で動いていかないとあっという間に押し切られてしまうので、ここで少しでも手を遅らせるのはやむをえないかなぁという感じでしょうか。

Turn 4


フェアリーサークル引けてエルフガードを守護つきで出せる場面。
進化をどうするかというので悩んだ場面です。

相手の次のターンの最有力手は悪戯なネクロマンサー(次に地獄の解放者あたり?)だと思うので、それを前提に動くことを考え、進化後の悪戯なネクロマンサーにプレッシャーかけるためにエルフガード進化、としておきました。

ただ、そのあとスケルトンナイト殴ったのが良かったのかどうかはよくわかりません。
仮に放置すると、スケルトンナイトとゴースト2体ではエルフガード突破できないので、悪戯なネクロマンサー進化自体をストップさせることができたような気も。

今回とった手が悪いとは思わないのですが、なんか色んな可能性を考慮できていないような気もして、まだまだだなぁと感じる部分でもあります。

Turn 6


ここでまったく役に立たないカードを引いてかなりきつい場面。
とりあえずリノ導きでドローしてますが、この場面はもしかしたら、先にフェアリーブリンガーでスパルトイサージェント一発殴ってから、フェアリーブリンガーを導きで戻した方がいいのかもしれません。
引いたカードが有効に機能するかどうかは残PPとの関係もありますし。

結果的にはメイ引いてそのメイが25%を見事に引き当てて、ある程度盤面の挽回に成功。
プレミをリアルラックでカバーといったところです。

なお、ここらへんから相手のハンドが枯渇しているのを認識していたので、盤面耐えきれれば勝てるんじゃね?と思い始めてます。
8PPの飛び道具も完備してるし。

Turn 7


導きリノのコンボは終盤の一発逆転のためにとっておきたかったですが、エルフガードきたのに守護持ちで出せないと詰むので仕方なく展開です。
と思ったら、完全に神引きしてファイター処理できました。
もうこの段階で相手のハンド枯渇していたの認識しているので、とにかく盤面の挽回に集中しているところです。

Turn 9


妖怪1足りない。
たぶん相手の顔殴る意味でのプレミはなかったと思うので、この1足りないはしょうがない1足りないですね。

なんか頭使うの疲れてたので、もうギルガメ展開して守護持ちなければそれでいいかと思ったりもしたのですが、冷静に考えて次のターンにエンシェントエルフ無傷で処理されたら頭悪すぎるので、これでよかったと思ってます。
要するにここでのいたずらも相当に神引きでした。

ちなみに結果オーライですが、ここはたぶん相当にプレミしてます。

最善手は動画でもコメントいただきましたが、

エンシェントエルフ殴る→リノ殴る→エンシェントエルフをいたずらで戻す→メタルエルフメイジを出す→エンシェントエルフで回収する→リノ出す→リノ殴る

かと。

これで4/5エンシェントエルフとリノが盤面に残って残り相手ライフ2ってのが最善手だった気がします。
相手にファントムハウル引かれたら負けてましたね、ご指摘ありがとうございます。

総評


やはり勝敗に直結しそうなプレミが振り返れば見受けられますが、それも神引きでカバーしたというような感じです。
結果からするとよくあそこの状況から挽回して勝ちを拾えたという感じですが、実は振り返ってみると綱渡りをくりかえしていたんだなぁ、と。
あとはお相手の方があまりネクロマンスを有効に使えてなかったのも、勝ちを拾えて理由だとも思います。

今日のお勉強(自分のための備忘録)


・メイちゃんは終盤輝く場面があるのを忘れない。その場で切るかの判断は慎重に。
・導きでドローする場合は、残コストを常に意識して。
・エンシェントエルフ回収してからの再度出撃で新しい壁として機能してもらう、という選択肢を持っておこう。



とりあえずこんな感じでダメなプレイングをさらっていくプレイログは今後も続けていこうと思います。
主に相手にどんな手が考えられるのかというのを自分に意識づけたいのと、あとはやはりエルフはどうやって手札を回していくかが肝なので、その手札の回し方のレパートリーを自分の中に蓄積させていきたいという感じですので、今後ともお付き合いいただけると幸いです。

それでは、また。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。