Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【シャドバ】 Playlog コンボエルフでランクマA帯 Part2,3 動画付

動画2本計6戦分一気にやってしまいます。
長くなりそうなのでポイントだけ。



第一戦 vs ドラゴン(後攻)


Turn 2


アイボリーに森荒らし使うか悩みましたが、黄金竜とか初体験すぎて除去はとっておきたかったことと、風神が手元にあったので、横展開しておけば序盤の数点は余裕で巻き返せると思ったので、ひとまず放置で。

たぶんないとはいえ、まだフェイスドラゴンの線も捨てきれていなかったですし。

Turn 4


相手が方針転換して盤面処理してきたので、メイで処理。
ブレスフェアリーがきたので、全体除去がこない限りもう勝ちが見えてます。

実はアイボリーをメイで処理できたおかげで綺麗にTurn 6で勝てた形になっていて、これはラッキーでした(プレミとまではいいづらいですが)。
(アイボリーがフェイスで殴ってきたら次ターンアイボリーを風神で処理→相手の風神処理がグリムリーパーのみで足りる→アイラで盤面処理できる→妖怪1足りない)

Turn 5


風神進化か、フェアリー進化かちょっと悩みましたが、やはりヘイト稼いでくれる風神進化で事実上の守護になってもらって、次ターンブレスフェアリーにつなげるんでいいか、という感じでした。

アイラ殴って相手PP9にしたらファフニールで死ねるので、殴らず終了。

第二戦 vs ドラゴン(先攻)


Turn 2


ファイアリザード怖いですが・・・この場面の素だしはしょうがないですね・・・

Turn 3


エンシェントエルフ貼るかウィスパラー出して横展開するかはかなり悩みましたが、メタルエルフメイジ回収しておきたかったのとEPない段階で3/4守護はれるのはやっぱりすごく強いので、ひとまず安パイ選んだ感じです。

たぶん、どちらも正解で、風神やブレスフェアリーがいたらむしろ横展開していたと思います。

相手がドラゴンウォーリア素だしだったので、横展開して次ターン森荒らし→ウィスパラーフェアリーで殴る→メタルエルフメイジ顔面→フェアリー2枚展開、とかでも強いですよね。その後、回収してエンシェントエルフ進化とかまでいけば動きとしてはすごくいい。

Turn 4


細かいプレミその1。なぜウィスパラーじゃなくてフェアリーにしてしまったのか・・・
大勢に影響はなかったのが救い。

Enemy Turn 5


いたずらで戻された進化ゴブマン再出撃の場面。
こういう場合進化もう1回使うのって心理的にすごくハードル高いですよね。
ある意味前ターンのいたずらはそれを狙ってのことでもあったのですが。

Turn 6


風神きたので、横展開しても面白かった場面ですね。
ウィスパラー→フェアリー→メタルエルフ→メタルエルフ進化→フェアリー殴る(ゴブマン処理)→フェアリーフェアリー
みたいな感じで。

ただ、そうすると灼熱の嵐がかなり怖いので、やっぱりエンシェントエルフで正解だったかな、という感じです。

Enemy Turn 7


やっぱり灼熱の嵐もってたww

横展開しなくてよかったー、という場面。

Turn 8


ちょっと不用意だったかも。
残り相手ライフ9なので、次ターンフェアリーフェアリーフェアリーリノダンジョンフェアリーリノでリーサルとれた場面。
もちろん相手守護でてきたときのこと考えたらフェアリー並べておくべきとは思いますが、それでもこの場面でリノ使ってライフ削っていく場面ではなかった。

Turn 9


案の定ファフニールで一掃されてしまった・・・のをダンジョンフェアリー引いてくるリアルラックでカバー。
こんなことしてたらだめですよねぇ。

第三戦 vs ドラゴン(後攻)


Turn 4


相手が残っていたらエルフプリンセスメイジ進化のフェアリー展開だったと思いますが、うれしいことに突っ込んできてくれたので、普通に横展開です。

が、

どう考えてもエンシェントエルフは進化させるべきですね。
突っ込んできたってことは、ドラゴンウォーリアあたり抱えてる可能性が高いので、このままではきれいに、盤面処理されてしまうところでした(実際は違いましたが)。

Turn 5


ブレスフェアリーも風神もガブリエルもいなくて、リーサルはリノに任せることがほぼ決定してるので、多少PPあまっても無理に横展開しない感じで(それよりもコンボの肥やしをストックして)ターンエンドしてます。

Enemy Turn 6


ゴブマン進化させなかったのは、たぶんこちらにEP2個握られてるのに先に全部使ってしまうのが憚られたからでしょうね。
結果的に、こちらに利する形になってしまいました。

そういう意味で、進化してないエンシェントエルフに騎竜兵進化で突っ込ませたところが一番、双方のパワーバランスを傾かせた原因な気がします。



第一戦 vs ネクロ(後攻)


Turn 4


明らかにアグロネクロっぽい動きをしてきてくれているので、丁寧に盤面処理しつつこちらの盤面の処理はさせず、PP5の風神→PP6のブレスフェアリーでまくるというイメージを持ってます。

怖いのは悪戯なネクロマンサー出てきて盤面処理されることですが、それはケアできないリスクなのでひたすら突っ込む。
こういうタイプはファントムハウルをフィニッシャーに持ってくるパターンが多くて、腐の嵐の枚数もすくないだろうし、死の祝福もネクロマンスの関係で今は考えなくていいし、ケアするのはほぼこのカードのみ。

個人的にここまでの動きはパーフェクト。

Turn 6


ここでのダンジョンフェアリーはかなりいい引きでした。1コスのウォーターフェアリー、メイ、あるいは森荒らしあたりでもよかったですが。

ダンジョンフェアリーは盤面に残り続けるので、それがメリットになることもあればデメリットになることもあり。
ここでは完全にメリットになりましたね。

Enemy Turn 7


相手のプレミの場面。

EP残っているので、場の2体とミミでブレスフェアリー以外の3体を処理しないと次進化でおしまいの場面でした。
ガブリエルが残っているので、ケルベロス出た時点でこちらの勝ち確ではあったのですが。

第二戦 vs ドラゴン(後攻)


Turn 4


相手先攻Turn 4でゴブマンはかなりキツイ・・・
こう動かざるをえなかったかなぁ・・・ちょっとどうすればいいかよくわからなかった。

Enemy Turn 5


もう相手の手札の動きが強すぎてこの時点で負け確ですね。
フォルテ本当に強い。

Turn 6


正直手札はかなり強いんですよね。
5(プリンセスメイジで一気に横展開)→6(ブレスフェアリーコンボ)→7(ガブリエル)
と綺麗につながるので、相手が1ターンでもスピード遅れていたら勝ててた疑惑。

これを先攻ゲーというかは人それぞれだと思いますが、正直お相手の方の実力が上だったのかな、と。
納得の負けでした。

第三戦 vs ヴァンパイア(先攻)


プレミのオンパレードです。いきます。

Turn 6


プレミその1。ドロー焼けるかどうか判断でやけてもいいからということで最大エンシェント作ってしまいましたが、この手札の弱さ(バフリノいない)からして、ドロー焼く判断はありえないですね。案の定ブレスフェアリー焼かれてるし。

Turn 7


突っ込むかどうかの判断・・・は正しかったと思います。
相手のハンドが2枚で弱かったので、復讐状態での強い動きとられるリスクは飲むべきかな、と。

というよりバフを焼いてしまったので、突っ込まないと確実に押しまけるという判断もありました。
EP一つ残ってるので、エンシェントエルフが残り続けることももはやありえないですし。

まぁ結果的に黙示かまされてしまったわけですが。

ブレスフェアリー焼いたのがつくづく悔やまれる。

Turn 10


またプレミ。ウィスパラーで顔面殴らなかったのなんでなんだぜ。
ただ、EPをいたずらでうまく消費させたので、あとはもはやドロー勝負という感じ。
ここから先はただの運ですね。

相手のゴブマン→セクシーは相当に強い引きだと思いますが、自分も風神引いてるし、最後は紙一重でした。

基本的に対ヴァンプはアグロだろうがコントロールだろうが、強い守護も少ないですし勝手に自傷してリーサル圏内に入ってきてくれるので、バフかリノ確保できればかなり相性はいいのですが、今回はプレミの結果その相性のよさを自ら捨てにいってしまう感じでした。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。