Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【シャドバ】 冥府テンポOTK以外の視点から見たエルフ新カード(含フェアリーケージの正しい使い方)

あまり時間がなく、殴り書き程度ですが、書きたいこともあったのでS評価とA評価だけ書いてしまおうと思います。カードの詳細については各攻略サイトをご覧ください。

基準としては、

S:どのデッキでもキーカードとなりうるカード
A:特定のデッキでキーカードor有力候補になるカード


といったところです。

S評価


■ エルフの執事ヴィスト
エルプリしかほぼ候補のなかった4コスに非常に良いカードが投入されたな、という印象です。先攻4ターンでのこいつは後攻4ターン進化に一方的に打ち取られる可能性がありますが、エルフではAEから繋げられる可能性があるので、この4/2/5というスタッツがいやらしく残る展開は結構多そうです。

これだけでも非常に扱いやすいカードなのですが、6コス以上でコスト-3が非常に強く、このカードなしでエルフが中盤の盤面構築で勝てる未来が見えません。ドロシーガウェインといった勢力に、全体除去に弱いエルフが何とか(盤面の取り合いという点で)追いつきうる希望の1つがこのヴィストで、コントロールエルフのみならず、あらゆるデッキに3投を検討しうるカードだと思います。森神からのヴィストヴィストティアとかで、ミッドレンジエルフ復権させてーよー

■ ビートルウォーリアー
ちっちゃいリノセウスといった感じですが、リノセウスと比較できる時点で強カードです。
フェイスにいくにはやや打点が少ないですが、ミッドレンジ/コントロール系のデッキでは、今までリノを切らざるをえない場面でこいつを切ることで、勝ち筋を残すことができる場面が増えるでしょう。全体除去に弱い(2回目)エルフでこういった進化権を使わずに盤面に干渉できるフォロワーはいくらいてもよく(他のフォロワーに進化権を振り分けて盤面を取りやすくなる)、3/2/3というスタッツで3ターンに普通に出してもテンポロスにならないことから、こちらもあらゆるデッキで3投を検討しうるカードだと思います。

A評価


■ ジャングルの守護者
エンハンスが非常に強力です。疾走で一気に打点を出しつつ、相手にターンを渡しても2体守護が並んでる、となると、この盤面を返しつつさらにアドを取り返せるカードって、かなり少ないと思います。素の能力が5/4/5守護と、コントロールよりの性能になっているので、こいつの真価が発揮される10コストまでもたせるためにこのカード自体を使えるという点も、かなり評価できるといえます。要するに単体で幅広い役割をカバーできる。カード単体で見れば非常に強力なカードでSを与えてもいいくらいなのですが、10コストまでエルフが耐えられるかどうかは環境が規定するもので、例えばドロシーガウェインメイルストロームサーペントあたりの中盤でがっつり盤面とりますみたいなデッキにそもそも耐えられませんみたいな話であれば、このカードの居場所も少なくなっていくでしょう。ヴィストやビートルウォーリアーみたいに、どんな環境でもその性能がフルに発揮できる、といったものではなさそうなので、1段階落とした評価にしています。

なお、ミッドレンジエルフに入れて、中盤でだしつつ、もつれた場合のフィニッシャーということで運用するのも全然ありだと思います。

■ フェアリーケージ
この項を書くためにこの記事書いているようなところがあります。どこの攻略サイトも、やれ冥府の墓地肥やしだ、テンポエルフの横展開だ、といった間違った使い方しか書いていませんが、このカードの本質は、4コスト払うことで以後のターンにおけるコンボ成立を担保するカード(ただし盤面の制約有)です。フェアリーが無限に補充されることの意味は、1コスのコンボパーツが切れない、という点に尽きます。

非常に可能性に溢れるカードです。フェアリーの供給をすべてこのカードに集約させることで、ウォーターサークルウィスパラーエルプリといったフェアリー供給カードを一切省くことさえ可能で、これまでのエルフの構築をガラッと変える可能性を秘めています。また、これまであくまでも副次的にしか採用されていなかったコンボ系のカードを主軸に据えるデッキもこのカードによって検討に値するものになったといえそうです。

但し、もちろん弱点はあります。というか多いです。テンポロスが酷いので、現段階では基本的には勝ち筋を後ろに倒したコントロールコンボエルフという形でしか採用されなさそうですが、それにはバハムートどうすんの問題が付きまといます。また、ハンドの枚数をリファーしてカードパワーをあげるタイプの、これまでのエルフで軸になってきたカードが使いづらくなります。エルフクイーンとエリンでカバーできるライオンはともかく、代えがない森の意志の使い勝手が悪くなるのはかなり痛いです。エルフの弓術・・・じゃだめだよなぁ・・・あと、ハンドの枚数を参照するという点では、薔薇や白銀といった従来のフィニッシャーも当然使いづらくなりますが、これにはちゃんと手当てがされています。

以上からなかなか評価の難しいカードです。が、今まで全く見向きもされなかったコンボエルフにド真ん中ヒットするカードで、今回のカード群の中で最も新たな可能性を感じるカードなので、この評価とします。

あと、これは愚痴ですが、評価をどうするかはともかく、攻略サイト名乗っているなら正しいフェアリーケージの使い方くらい載せてほしいものです。このカードの使い方がわからない、ということは要するにエルフのカードは冥府とテンポとOTK視点でしかカードを見れません、と言っているようなもので、何が“攻略”サイトだよ、と悪態の1つも付きたくなります。このカードの正しい使い方がわからなかったサイトから、何か新しい独自性のあるデッキが今後出てくるとは到底思えず、そういった意味でのリトマス試験紙にでもさせていただこうと思います。

■ 深き森の異形
エルフ8コス帯の新しいフィニッシャーです。
これまでのエルフ高コスト帯のフィニッシャーは、薔薇にせよ白銀にせよ、ハンドにフェアリーを充実させることでレバレッジを利かせるタイプのフィニッシャーでしたが、そうした下準備なしに単体で仕事をすることにこのカードの最大の価値があります。カード単体で動けるということは、上で書いたフェアリーケージのようなカードとがっつりシナジーが取れるということにもなります。

もちろん他のカードとあわせることで処理されにくい盤面を作ることは可能です。例えば9コスで異形ヴィストと動いた後に10コスでジャングルの守護者につなげたり、というのは達成難易度が低いわりにそこそこ強そうです。なお、白狼でこいつを引っ張ってくるのは未知数です。処理されにくい盤面は作りやすくなりますが、フィニッシュターンが1ターン伸びるデメリットがつらい。こいつをポン置きすることでイージスおかせねえよ?的な運用をすることも考えられるは考えられるので。

一部では8/8バニラという評価もありますが、枠の厳しいコントロールエルフの中で、単体で勝ち筋を作れるカードなので、自分は高い評価を与えていいと思ってます。

■ クリスタリア・エリン
標準スタッツに回復・守護。エンハンスを絡めるとさらに進化権回復で、事実上6/8突進のように使えます。どこをとっても減点すべき点はなく、常に安定した動きが期待できるので、単純に使いやすいパワーカードという印象です。こういったタイプのカードは新パックが投入されてカードパワーの基準があがっていくにつれて、最終的には環境から見なくなるカードだと思いますが、現状ではリーサルを後ろに倒したエルフであれば6コスの有力な候補にあがってくるカードだと思います。実際にいれるかどうかは、6ターンにこいつ出してお終い、が許されるかどうか、環境次第でしょう。個人的にはライオンよりは盤面に干渉しやすいエリンのが優先していれたいかなーと思ってます。もちろんアグロ環境になればライオンが優先されることにはなるでしょうが。

■ 小さな勇士・スクナ
後攻4ターンでフェアリーフェアリースクナ進化で1/1二体と6/6一体を並べる動きが非常に強く、2/2/2ということで2ターン目にだしてもテンポを失わないことから、進化権が切れる序盤から中盤までのエルフの盤面を作る軸になりそうなカードです。コンボ進化で2/2プラスということは、いってみれば2コスト踏み倒しと同義なので、これもある意味ヴィストと同じような方向を向いたカードだとは思います。ただ、ヴィストと違って進化権の要求が厳しく、また後攻4ターンはエルプリ進化を使いたいタイミングでもあるので、気軽に3投できるカードにはならないでしょう。Bに近いですが、はまった時の動きは強そうなのでひとまずAにしている感じです。

中途半端ですが、A評価までまとめて新弾を待とうと思います。
それでは、また。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。