Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【サカつく】 AS東京5年目 もちろん、お金です。

こんばんは。
大体2~3日に1年のペースで1年が終わるような感じでこれまで来ていましたが、例によって例のごとく、そんな感じで5年目も終了しました。
今回は、とりあえず昨年のJ1の成績を挽回したいなー、という感じで始めたのですが。

年明け早々


AS東京 5年目 1

キターーーーッ、とまでテンションはあがらないものの、来ました。

初オイルマネーってやつですね。

よりによってうちの10番ですか・・・という感じですが、これ、オファーの基準はよくわからんですね。
一応、都築さんはうちで一番グラフが大きかったようにも思いますが、素質でいうと、他にも上の人がいるような気も・・・素質だけで決まるのか、よくわからんとです。

さてさて、慎重に考えましょうと片瀬さんがおっしゃってくださいましたが、都築と移籍金どちらをとるか、といいますと、

もちろん、お金です。

5億という額自体、正直そこまで高いもんではないな、という感じはしていて、その点、カリームさん結構やらしいところついてくるな、という感じではあったのですが、おりしも小野・宮市が期限付き移籍から帰ってくる関係で、前線の頭数はそろいそうなこと、さらにいうと、公約の関係でクラッシャーLv2をとらなければいけないので、最悪ダブルボランチにして、宇佐美をトップ下にすれば全然賄えそうなことを考えると、ここで売り時かな、と思ったわけですよ。

28とまだまだ脂の乗り切った年で、J1からいきなり異国の地に行かせてしまうのも、チーム草創期からの功労者である彼に対して、失礼な気がいたしますが、いずれ早いうちにベンチを温めることが多くなってしまうことからしても、いいタイミングのような気がしております。

というわけで、オファーがきたその週には即快諾。その結果、今シーズンのスタメンは以下のようになりました。

AS東京 5年目 3

ほんと、レンタル帰りがうまく絡んでくれてるな、といった感じです。
唯一気になるのが、小野、宇佐美のプレスタが全くOMFでないことですかね。

何か、宮市、清武、小野がシューティングスターで宇佐美がシャドーストライカーということで、みんな、空いたスペースを狙うような動きばかりになりそうで、肝心のボールをさばける人がいないんじゃないか、という不安があります(笑

肝心の試合の方は


というわけで、こんな感じでスタートした5年目シーズンですが、比較的順調にいったように思います。
何が変わったのか、全く分かりませんが、一番大きいのが、

失点数の激減

です。

まぁ、前年の半分以下で、いやはや快適なJ1生活。補正がなくなったのか?あるいはデムエルさんが石神を超える神のごときはたらきをしているのか?全くわかりませんが、失点数は現実に、かなり減っています。

その結果・・・

AS東京 5年目 5

二年ぶりの優勝!!失点数は、最終的に半分以下になりましたよ、と。

あとは、

AS東京 5年目 4

ナビスコも初制覇ですね。なんだかんだで足元救われていたので、これは結構うれしいかも。

ただし、ACCは準Vでした・・・FINALは城南FCだったので、あの、前作もいたけど名前が全く覚えられないあのおっさんにドヤ顔されてしまいましたとさ・・・片瀬さん!!何も言い返せません、とか、そんな簡単に負け認めちゃだめでしょ!!

そして、最後にうれしかったのが、

AS東京 5年目 6

これ。ハルシュの時と同じく、自分が発掘した選手がこうも結果を残してくれるとうれしいですね。得点王のたっつみーでもなく、アシスト王の清武でもデムエルさん、あなたがMVPです。

6年目に向けて


さて、6年目に向けてですが、やはりそろそろWCCで優勝することを目指して戦力の補強をしていきたい。なんかそろそろいい感じな転生もそろそろ起きていいと思いますし、主力に関しても、2回目のレンタルとかいかせてもいいような気がするので、綿密に考えつつ、進めていきたいと思います。

では、また。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。