Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ヘビィで三界+アマツ アマツ編

こんにちは。
さて、いきなりで恐縮ですが、現在標記の企画が(自分の中で)絶賛進行中です。

なぜいきなり?しかも弓でもスラアクでもなくなぜヘビィ?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、事の発端は先週の嵐龍天翔でございます。

記事を見ていただいた方はお分かりかと思いますが、はっきりいって、弓以外は惨憺たる出来で、これはちゃんとしたところを見せないと、弓、ヘビィ、スラアクブログなんて名乗れないなという、危機感を感じたわけです。

要するにリベンジをしなきゃな、ってことなんですが、同時に嵐龍天翔は、自分に通常狙撃というヘビィのもっとも基本にして、最のやりがいのある部分を思い起こさせてきてくれたわけですな。

ヘビィボウガンという武器は、その見た目の重厚さから勘違いされる方がいらっしゃるかもしれませんが、実をいうと弓以上に手数武器でございまして、鈍重な動きの中で、ターゲットとのクリティカル距離を確保しつつ、相手のターン以外は常に狙撃を意識し続けるという、ある意味、忙しい武器であったりするわけです。

ただ、それがうまくできるようになる過程というのは本当に試行錯誤の連続でして、その中で徐々に立ち回りが確定して、討伐時間が縮んでいくと、その度ごとに、本当にこの武器はやりがいのある武器だな、と実感いたします。

それに加えて楽しいのが銃の選別の過程。そもそも何を何発装填できるかというところが大きく違う中、それだけでも悩みは尽きないのですが、さらにしゃがみうちで何が撃てるか、というのを踏まえ、ターゲットに対して何を持っていくのがよいのか、というのは、そもそもポケモン出身者で、パーティをあれこれ考えるのが好きな自分にとっては共通する部分があり、大変やりがいのある作業です。

まぁ、いろいろとヘビィの魅力を語ってみましたが、とにかくヘビィを使って三界に挑みましょう、というのは、ブログのネタ的にもやりがい的にも非常によさそうなので、このたび、この企画を進めていくことにいたしました。

そんなに記事も多くならないので、考察的なところも書いていこうかと思います。

本題(アマツ戦の模様)


さて、本題です。
初回は、嵐龍天翔の流れもあり、アマツをターゲットにいたしました。
いろいろとこの動画を撮影するに至るまでには紆余曲折があったのですが、まずは戦いの模様をご覧いただいた方が良いかと思いますので、さっそくご覧ください。



銃の選抜について


対アマツに担いでいく銃としては、代表的なものは以下のとおりでしょうか。

> 妃竜砲【神撃】
基本は通常で立ち回り、しゃがみチャンスに火炎弾しゃがみを叩き込む感じの立ち回り。
スロットが3つもあるので、スキルの無理も聞きやすいのが利点でしょうか。

> 凶刻【時雨】
アマツの散弾は弱点である頭に収束することになるので、基本は通常で立ち回り、しゃがみチャンスは散弾しゃがみで頭に叩き込むという立ち回り。
いわゆるダイソンキャンセルは神撃よりやりやすいかもしれません。

> 崩砲バセカムルバス(通常)
ひたすらたつ。たってひたすら頭に打ちこみまくる、といった感じのある意味ヘビィらしい立ち回りを志向することになりそうな銃。
スロは無いが、やることがシンプルなので、スキルは意外とすんなり決まるかも。

> ギガン=バール
立ち回りは神撃と同じようになりそうだが、十分区別されていると思われます。
ブレ大、スロなしとくせのある銃ですが、それさえ手なずけてしまえば、火力はこちらの方が上。
加えて、アマツに有効な滅龍しゃがみや、反動やや小を利用した散弾lv3の運用など、意外とこちらの方が小回りが利く可能性も秘めています。

> パッチペッカー
ここから下は散弾です。すでに書いた通り、アマツは頭に散弾が収束するので、通常を運用するよりも、散弾で討伐に行く方が一般的かもしれません。
通常はひたすら頭に向かって散弾を発射して、しゃがみチャンスに散弾Lv1のしゃがみを。地味に火炎弾もしゃがめますが、順序的には散弾しゃがみのが先だと思います。
Lv3をうつなら反動軽減は必須になります。
バセカムとの差はスロ2としゃがみ弾の優秀さ。地味に、反動軽減、散弾強化、弱点特効、最大数生産とか作ろうとすると、このスロ2の差が大きく響いてくることがあります。

> 崩砲バセカムルバス(散弾)
パッチペッカーの立ち回りのうち、しゃがみ部分でもひたすらうちまくりましょう、という立ち回り。
こちらもLv3をうつなら反動軽減は必須。

> サンドリヨン
ネタ武器と思いきや、散弾全Lv追加で化ける銃。
上記散弾銃二つとの差は回避距離がつけられるかどうか。
パッチ、バセカムでは、回避距離、反動軽減、散弾強化、弱点特効はできませんが、こちらでは、回避距離、散弾強化、弱点特効、散弾全Lv追加が可能。
しゃがみ弾も地味に優秀。
たぶん、一番楽にアマツと対峙できる銃。

んでもって、上記を踏まえていざアマツに挑んできたわけですが・・・
ちょっと記事が長くなりすぎたので、以後は次回に回したいと思います(すみません・・・)。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。