Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【ドラポ】 殲滅戦マニュアル -準備編- 【必読】

いつもフラグだけ立てておいてことごとくへし折ってきてしまいましたが、今回はちゃんと書きます。というより、なぜそもそもこんな記事書こうと思ったかというと、

やっぱりまだまだデッキの組み方から立ち回り方までわかってない人が多いからなんですよね。もう蒸気、にゃんこ、ファラオと3イベント目なのに。

特に子分枠全部開放していない低レベル。まあ150台、160台あたりの地雷率も相当ですが。

そもそも殲滅戦で点数が稼げなかったら、まったく上のレベルの旨みなんてないにもかかわらず、物見遊山気分で竜とかにきて、貴重なこちらの時間を奪って荒らして帰っていく低レベルがおおすぎです。

なんていうか、

頭が悪い=立ち回りがわからない=上のレベルに来てもおいしくない=でも頭が悪いからそれが分からない、かつそれを直そうともしない=いつまでたっても成長しない

みたいな泥沼にはまってる人がおおいんだと思います。

というわけで、このブログに来た人は少なくともいかに書かれたマニュアルをちゃんと読んで、一人でも地雷が減ってくれることを祈ります。

準備編(デッキの組み方)


かなり長くなるので、時間がない人は、最後のまとめのところだけでも読まれてください。

1.基本的なアプローチ

この段階で考えなければいけないことは、

どのようなカードが殲滅戦に役立つのか

ということ。

殲滅戦はいってみれば相手のいないコロシアムのようなものです。

相手がいないため、先手をとるためにAや高い数字を役に絡ませる必要はありませんが、少なくとも相手を倒しきるだけの強力なアタッカーと合体スキルを、高い役を成立させる中で毎ターン場に出していく必要があります。

デッキを組むときは、ゼウスのときもいいましたが、

目的とする戦略の達成確率をなるべくあげるようにデッキを組む。

という視点
を持つことが大切です。

ゼウスのときは、いかに森フラで態勢を立て直せる確度をあげるか、といいましたね。今回は、いかに強力なアタッカーと合体スキルが場に出てくる確度をあげるか、という視点が重要になります。

そうすると、デッキにいれるカードの優先順位はおのずと決まってきます。

具体的にはこんな感じ

S:GOD多段アタッカー、複数化、全体化
A:GODアタッカー、SSS三連アタッカー、威力UP
B:SSSアタッカー
C:回復、状態異常


上の場合わけですべてのカードの分類が出来たわけではありませんが、まずは最低限、上のランクの当てはまる上位のものから順にデッキにいれていってください。

回復入れたい??もしそう思ってるなら、そのレベルはあなたの適正なレベルではありません。

ひとつ下のレベルにいって回復抜いたほうが、はるかに安定してポイントを稼げますので、どうぞそちらへいかれてください。

あと、ひとつ注意が必要なことは強属性アタッカーの扱い。強属性アタッカーは、弱点属性には抜群の効果を発揮するものの、同属性、反対属性へのとおりはすこぶる悪く、基本的に三色の敵を毎ターン倒していく必要がある殲滅戦との相性はあまりよくありません。

したがって、同じランクに分類される強属性アタッカーとその他のアタッカー(斬とか突とか)がいたとしたら、基本的にはその他のアタッカーを優先してください。例えば、ノエルとフェルクリンゲンがいたらノエルを優先。セイウチとアクアロードがいたらセイウチ優先。といった感じで。

2.迎撃、バフの扱い

さて、上記のランクわけからは漏れるものの、殲滅戦において役立つカードはその他にもありますので、それについても解説しておきます。

まずは迎撃。これはドラポ部部長の蒸気神級動画の最後にも少しありましたが、敵のうち漏らしを防ぐ、という意味で非常に優秀です。

特に複数迎撃である酔いマンは、アーサー、エミリーといった単発全体迎撃と比較して、複数のうちもらしに対応でき、非常に優秀。酔いマン全体化が出来れば殲滅戦の1、2戦目はかなり安心して敵にあたることができます。総合的な評価としては、酔いマンはS、アーサーは限りなくSに近いAランク、エミリーは殲滅戦とのコンテクストでいうと、あまり貼れる機会がなさそうなので、Bランクといったところか。

続いてバフ。具体的にはプリシラ、エル。これも非常に優秀ですが、迎撃と違って殲滅戦の段階では絶発できないので、あくまでも道中でバフを撒くためのものになります。そういう意味では、ランク的にはB~Aランクといったところか。

3.ボス戦との兼ね合い

最後にボス戦との兼ね合いについても話しておきます。

ここでの問題は、ボスに対する状態異常専門のカードをいれるか、という点です。

で、それに対する答えは、

明確にNO

です。

ポイントという観点からいうと、重要度は遥かに殲滅戦>>>ボス戦です。また、インフレも進んでる、蒸気もファラオも状態異常で相手の行動を縛れるわけではない(リセットといった程度の意味しかない)ことからすると、ボス戦のみにしか使えない状態異常カードをいれるのは、基本的に厳禁。

スタンスとしては、状態異常の追加効果がついているカードは、ランクが1ランクあがる、といった程度の感覚でいいのではないかと。今回で言えば、アヌビスがSS、天狗、蘭丸がS、といったような感じで。

4.まとめ

長くなってしまったのでまとめます。

殲滅戦におけるデッキの組み方は、とにかく、ランクわけにしたがって、重要度の高いものからぶちこんでいくこと。

そして、そのランク分けはいかのとおり。

S:GOD多段アタッカー、複数化、全体化、酔いマン
A:GODアタッカー、SSS三連アタッカー、威力UP、アーサー
B:SSSアタッカー、バフ要員
C:回復、状態異常


ただし、

・ボスに対する状態異常の追加効果を持つアタッカーは1ランクアップ
・強属性は他の同ランクカードを全部入れたあと、まだ枠が余っていたら入れる


という二点に要留意。

ぜひご自身のデッキをご確認ください。明日以降、具体的な立ち回り方について触れていきたいと思います。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。