Welcome to my blog

-あばちんノート-

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 【ドラポ】 殲滅戦マニュアル -道中編- 【必読】

前回に続いて、殲滅戦マニュアルを続けます。今回は道中編。殲滅戦が始まる一戦目、二戦目でどのように立ち回るか、という点ですが、これはやることは決まっています。

一にも二にも

超合体消化



できれば迎撃とバフをはっていく。

です。

超合体の取捨選択


どの超合体を消化しておくべきか。

これも結局、常に場に多段と合体スキルを出していく、という殲滅戦での目的を考えると、

場に出て来やすい多段と合体スキルの超合体

を消化する、というのが論理的な帰結です。

とはいえ、出てくる可能性があるカードというのは、まあいくらでもあげられるわけで、かつ、ブーストなんかかけている場合には、あまり道中で超合体ばっかりやっているわけにもいかないので、絞っていく必要があります。

では、どのように絞っていくか。

これについてはぶっちゃけていうと、その時々のダンジョンでどのカードが出やすくて、どのカードが出にくいか、という観点から個々に考えるべき問題なのですが、一般的には以下のような基準で考えられるのではないかな、と思っています。

① 他のメンバーがたくさん持っているであろうカードの超合体

当たり前ですが、何はなくともこれ。他のメンバーがデッキにいれているであろうと予想されるカードについては、積極的に消化しておくべきです。

例えば水の多段でいうと、ツクヨミ、アヌビス、フィンブル、ペンギンと、どれも今回のデッキには含まれているであろうカードですが、おそらくデッキにいれているであろうカードの数でいうと、

ツクヨミ、アヌビス+ウンデ>>ペンギン>>>>フィンブル

という感じになると思います(アヌビスはウンデと合体するので数という点ではあわせて考える必要があります。アヌビス自身の数はペンギンより落ちると思います)。したがって、消化の優先順位もまずはこれらが基準になります。

② 回復系超合体>攻撃系超合体

回復系超合体:ロールオブメルヘン、勝利の女神、リフレッシュ、にむにゃん等
攻撃系超合体:煌々たる一閃、海神の怒り、聖なる不死の炎等

殲滅戦で消化しきれなかった超合体が暴発した場合のことを考えると、回復系超合体の暴発は、そのターンの火力を大幅に殺ぐという意味で痛すぎます。逆に攻撃系超合体については、火力は落ちるものの、たいていは全体攻撃ですし、むしろ合体スキルを絡められなかった場合は、こっちのほうがいいという場合もありうるので、まずは回復系超合体が優先。

③ 合体スキルの超合体>攻撃スキルの超合体

超合体の火力の計算方法はわかっていませんが、合体スキルの威力は基本的にはカードの攻撃力に依存しているように思われます。したがって、一般的には、合体スキルの超合体は攻撃スキルの超合体と比較して、そのダメージが低い、ということがいえるでしょう(もちろん超合体自体の威力もあり、永遠の夜とかは、ツクヨミがいくらつよくでもダメージは低いです)。

また、次回の記事で述べますが、殲滅戦で重要なのは、いかに多段アタッカーを出すかではなく、いかにアタッカー(最悪多段じゃなくてもよい)に合体スキルを絡ませるか、という点で、要するに合体スキルこそ殲滅戦の軸なので、それを阻む合体スキルの超合体ははやめに消化しておく必要があります。

④ BOSSの弱点属性の超合体>他属性の超合体

これは最終的なBOSS戦を見越したものですが、たいていの場合、BOSS戦の弱点属性には火力が多くつまれているものなので、それを殲滅戦で発揮するためには、まずはBOSSの弱点属性の超合体を優先するのが、セオリーでしょう。

大まかな基準は大体以上のとおりではないでしょうか。

具体的な超合体にあてはめていくと、例えば今回で言うならば、

S:海神の怒り
A:メルヘン、勝利の女神、リフレッシュ、永遠の夜(上で書いたとおり超合体のスキル威力も低くデッキインしている人も多いので)
B:煌々たる一閃、デススコルピオン、聖なる不死の炎
C:お尻千叩き、ゲイルブラスト
D:ドラゴンバースト

って感じかな。

超合体消化の方法


さて、具体的な超合体の方法ですが、これは

フラッシュ

で確定です。

初手が残りの超合体を考えて、手札を出す(必要があればシャッフルする)。後の人は同色の色のカードをだして、超合体を消化していく。

このサイクルだけで十分です。

隣接数字とか出してくる人いますが、絶対にやめてください。

道中でストを狙いだすと一気に超合体を消化できなくなって、後の殲滅戦にツケをまわすことになります。出していけど、超合体してしまうからカードが出せない→役がまとまらない、というのはとにかく最悪のパターン。鬼までであれば、それでもツーペアとかで殲滅できたりしちゃいますが、竜になると厳しくなってきますし、神以上は間違いなく毎ターンスト以上が要求される環境です。

とにかくフラッシュで超合体消化。カード化できてなくても、色が続けられないのであれば、シャッフルして超合体優先、です。

迎撃とバフ


最後にこれらについても一言。

まず、迎撃。これは超合体消化と同等かそれ以上に重要です。迎撃は殲滅戦での取りこぼしを防いでくれるので、また超合体消化とは違った意味で、殲滅戦での立ち回りに余裕を持たせてくれます。したがって、他のメンバーが迎撃(酔いマン、アーサー)の絶対発動をしたら、まずそれを拾ってあげてください。自分から積極的に発動するのもあり。出来れば全体化をかませたい。

ただし、一度全体化がかませられたら、以後回復系の超合体は厳禁です。上書きしちゃうので。

バフについては、これはあえて意識してやる必要はないでしょう。ただ、出来たら有利になるのも確か。まあ勝利の女神やらメルヘンで付いてきたら儲け、くらいの感覚でいいと思います。

と、いうわけで、ざっとですが、道中編はこれくらいにして、次は最後に実際の殲滅戦での立ち回りを考えたいと思います。

それでは、また。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。